サイトメニュー

気長に規則正しく続ける

男性

患者の症状に合わせる

うつ病にかかりやすい性格の人は、真面目であるがゆえ、くよくよと自分を責めたり、価値がないなどの思考が目立ったりするようになります。ある日を境に、急に職場へ行けなくなるケースもあるようで、初期段階では感情・意欲・思考の3つに変化が現れると言われています。うつ病かもしれない人には、不眠の症状が見られますが、その前には漠然とした不安と焦燥感を感じているようです。こうした症状がある時に用いる薬は、睡眠導入剤や抗不安薬です。もちろん、うつ病であるのならば、精神科や心療内科において、抗うつ剤を中心に治療を進めます。しかしながら患者の中には、寝付きが悪い、寝た感じがしないなどの不眠が見られます。薬を飲みたくないという理由で、代わりにお酒を飲む人もいます。うつ病にかかりやすい性格は、真面目で几帳面な人であるのは、研究データからも明確化されています。しかし、発生するメカニズムについては、セロトニン仮説が有力になっているため、脳の病気でもあるワケです。脳の働きが以前と違ってしまう病態であれば、脳を休めるために睡眠が必要になります。そのため、抗うつ剤とこうした数種類の薬を組み合わせて処方し、症状を緩和させることもあります。うつ病って、薬を飲まなくても回復するものだという誤解が生じています。それでは治るまでに時間がかかり過ぎてしまいます。時に弱気になり、命を脅かす気持ちが出てくるほど、うつ病の症状が重くなることもあるので、薬の服用はどうしても必要です。初めての精神薬であれば、戸惑う人も少なくありませんが、最悪の事態を予防するための服用と捉えるのが重要です。人によって、また症状によって、処方は様々に変わるので、周りの情報に惑わされないことも大切です。何か心配事があったら、医師に相談して解決します。というのも、色々な組み合わせを試しながら、体質やその時の症状に合う薬を探していくことになるからです。副作用の現れ方も様々で、副作用を抑えるための薬を処方することもあります。多くの場合、同時に数種類が処方されるので、初めはあまりにも種類や量の多さに戸惑うこともあります。ですから、副作用が強い時には別の種類に変えてもらうなど、安心を植え付けるにも相談することは重要なのです。

看護師

うつと診断されるまで

うつ病は精神科で治療ができます。しかし、自分がうつ状態だと気づくまでには時間がかかってしまいますので、チェッカーなどを利用しましょう。うつ病の治療には抗うつ剤という薬を使います。効き目は人それぞれですが不安を鎮める効果があります。

医薬品

治療の為に知るべきこと

うつ病を治すには薬の存在が欠かせません。病気の治療をするにあたって、費用もかかりますが、公的な支援を受けることも可能です。そういったものを上手く利用しながら、自分に合う薬で治療をしていけると良いですね。

カウンセリング

再発を予防する治療も大切

うつ病の診断を受けてから回復するまで長い期間がかかる事をきちんと理解し、適切な薬物治療を継続する事が必要です。自分の勝手な判断で飲むのを止めてしまうと、再発のリスクが高まるため、主治医の指示に従う事が求められます。

女性

症状は多岐に渡ります

やる気欠如や頭痛、吐き気、集中力の低下などに悩んでいたら、うつ病の可能性があります。市販薬では対処出来ずに医師の診察を受けにくる人が多いです。症状によって処方される薬は異なり、自己判断でサプリや他の薬と併用しないように気をつけましょう。

鬱

専門科医を選びましょう

作用や副作用など、薬の説明をシッカリ行い、患者の話もキチンと聞いてくれる病院を選ぶことが、うつ病の治療では重要です。抗うつ剤は不足している脳内物質を増やしてくれるため、精神症状を軽くし、うつ病の回復も早めてくれるのが利点になっています。