サイトメニュー

専門科医を選びましょう

鬱

抗うつ剤の利点

自分に合ったうつ病の治療先を探すなら、事前に病院の選定方法を知っておくことが大切です。特に重要なのが医師とのコミュニケーションの取りやすさであり、医師に対して心を開けなければ良好な治療が望みにくくなります。そのうえで、患者の話を丁寧に聞いてくれる病院を選ぶようにしましょう。また、病院では抗うつ剤といった薬も処方されますが、薬の使用目的を教えてくれ、副作用も話してくれる病院を選ぶことも肝心です。どんな薬でも効果があれば副作用も必ずありますから、想定されるリスクをシッカリ案内してくれる病院に掛かりましょう。そして基本的なことですが、うつ病の精神症状を治療して欲しい時は、精神科医が診てくれる病院を選ぶことです。混同しやすい診療科目には神経内科もあるのですが、ここでは認知症こそ治療するものの、神経内科医は精神疾患の専門医ではありません。主に脳や神経の疾患によって自由に体を動かせない病気を治す専門医ですから、間違わないようにしましょう。そのほか、心の問題が原因で体調に異変が現れている時は、心身症を専門とする心療内科を受診します。抗うつ剤は投薬治療の中心的な薬ですが、そのメリットはうつ病の改善を早めてくれることです。うつ病に掛かっている人の脳では、セロトニン、およびノルアドレナリンが極端に不足しており、本人の努力では手の届かない所に問題が発生しています。しかし、抗うつ剤にはそれらの物質を増やす効果があるため、飲めば不安がやわらいで気分が上向きになったり、意欲も出やすくなったりする訳です。精神的な症状が軽くなれば、うつ病も随分と楽になりますので、それも抗うつ剤の魅力になっています。さらに新薬になるほど副作用が抑えられていますから、安全に服用できるのです。また、古い薬でも四環系の抗うつ剤は副作用が少なく、睡眠を促す作用もあることから、不眠に悩んでいる場合でも効果を発揮してくれます。不眠は睡眠時間が短くなるだけでなく、眠りが浅くなることも大きな問題です。ところが、四環系を服用すれば眠りが深くなるケースが多いため、睡眠障害の改善に取り組めることも利点になっています。そのうえ一般的な睡眠導入剤と異なり、四環系の抗うつ剤は依存性がない点も魅力です。